適切な方法でハクビシン対策をする

ネズミとの関係性を知る ネズミとの関係性を知る

ハクビシン被害を早めに防ぐには

ハクビシンが家に住み着いた場合、被害が悪化する前に防ぐことが大切です。ここでは被害を防ぐための方法を説明していきます。

ハクビシンを早期発見するには

家の周りに動物の足跡がないか確認してください (駆除業者)

ハクビシンが住み着いている場合、夜中に屋根裏から足音などの騒音が聞こえる、天井から悪臭を放っている、鳴き声が聞こえるといったことが起こります。近くでハクビシンの被害が遭った場合でも、住まいに侵入してくる可能性は高くなります。また、早期発見として有効なのが足跡です。家の周辺に動物の足跡が多いなら、ハクビシンが近くにいることが多いです。家の周りに足跡がないか確認してみてください。

周りにハクビシンの被害にあった場合は住み着いている可能性が高いです (駆除業者)

近所でハクビシンによる被害が遭っても、我が家に影響することはないと思っている人はいるのではないでしょうか。しかし、ハクビシンは電線を伝って侵入してくることがあるため、隣の家から移り住んでくることがあるのです。近所でハクビシン被害が遭った場合、住まいにもハクビシンが住み着いている可能性があるので、現地調査などを依頼して確認してもらいましょう。

自分でハクビシンやネズミを追い出す時は注意が必要

ネズミを駆除するために殺鼠剤を使用する人も多いですが、近年では殺鼠剤の効かないスーパーラットというネズミが急増しています。こういったネズミを対処するために、駆除業者の多くは粘着シートや罠を使って外からの侵入を防ぐ作業を中心に行なっています。ハクビシンも同様に追出しをしていますが、自分でハクビシン対策やネズミ対策をした場合、間違えた方法で駆除してしまうこともあります。そうなるとかえって追い出しづらくなってしまうことから、自分で駆除するのではなくキチンと業者に任せるようにてください。

適切に対処することでスムーズに解決可能!

ハクビシン対策は慎重に行なわないといけないため、ハクビシンについて熟知している業者に依頼するようにしましょう。追い出しを自分で行なって逆効果になると、被害を防ぐことはできないでしょう。まずはプロに相談してみることが重要です。

TOPボタン