ハクビシン対策とネズミ対策の両方を行なう

ネズミとの関係性を知る ネズミとの関係性を知る

ハクビシン対策とネズミ対策を一緒に行なう

ハクビシンによる被害を最小限に留めるにはどうすれば良いのでしょうか。一番効果的な方法は、ハクビシンとネズミの両方の対策を行なうことです。

家の中にハクビシンとネズミが侵入できないように

木の枝が伸びていれば切る
ハクビシンの侵入を防ぐためには、侵入経路を排除する必要があります。木登りを得意とするハクビシンの場合、木の枝から屋根に侵入することもあります。侵入されそうな木の枝がある場合、あらかじめ切っておきましょう。足場を作らせないことが重要です。
生ゴミを外に放置しない
生ゴミなどを求めてハクビシンとネズミは集まります。餌場を確保されるのを防ぐために、作物や生ゴミなどを外に放置しないよう心がけましょう。缶ジュースを捨てる際も、洗って捨てるようにすることでハクビシンとネズミが集まるのを防ぐことができます。畑を所有している人は、農作物を収穫した後は畑に作物を残さないようにしてください。
排水口や換気口などを塞ぐ
ハクビシンの侵入口は大きく分けて3つあります。1つ目は出窓や床下といった基礎の部分、2つ目は壁や軒下で、3つ目は屋根です。主に侵入口として使われるのはこの3個所になります。床下や換気口の格子が外れていたり、出窓の下や床下に侵入されそうな隙間があったりしないかチェックしましょう。他にも壁の破損がないか、排水口や屋根裏の通風口が開いていないかなどを確認して、しっかりと塞ぎましょう。

同時に対策することでそれぞれの被害を防ぐ

どちらか片方だけを対策するよりも、ハクビシンとネズミの両方を対策することで被害をより防ぐことができます。侵入されそうな場所は塞いで、どちらとも入ってこれないような環境づくりをしましょう。

TOPボタン